Music

所属Artists

出演や取材等の申込はCONTACTフォームへ

EZO

EZO

ezo

新潟県出身のシンガーソングライターである星野裕矢が、2012年より制作活動の舞台を東京から北海道へと移し、安全地帯のギタリスト矢萩渉と武沢侑昂のプロデュースのもと、2013年6月にファーストシングルであるアイヱを発表してソロデビューした。
そして全国各地のイベントやフェスなどで、積極的なライブ活動を展開しながら、翌年3月にはアルバムアイヱを完成させる。後に、星野裕矢、矢萩渉、武沢侑昂の3名による曲の制作活動がきっかけとなり、音楽ユニットEZO(エゾ)を2014年11月に結成する。
Vo.Gt.星野裕矢、Gt.矢萩渉、Gt.武沢侑昂3名の音楽ユニットEZOとして、今年1月に札幌市内において初ライブを開催した。

星野 裕矢 Yuuya Hoshino

hoshino_pf

Biography
1987年新潟県魚沼市で米農家の家庭に生まれる。
2005年北里大学へと進学し三陸キャンパス在学中に、地元のフェスやライブハウスで音楽活動を開始する。
2010年活動の拠点を東京へ移し、ライブハウスで働きながらシンガーソングライターとしての道を築き始める。
2012年北海道を舞台とした制作活動のため、活動拠点を札幌へと移し、1年の歳月をかけ「アイヱ」が完成する。レコーディングとプログラミングにはロックバンド『安全地帯』のギタリスト矢萩渉と武沢侑昂が担当した。同時に手がけていた曲は、星野の生まれた1987年に矢萩渉が作った未発表の曲に、星野が作詞を行い「遠い瞳」となった。また、同年9月より札幌市白石区のエフエムしろいしにて「星野裕矢の生歌放送局」のDJとしても活動している。
2013年「アイヱ」、「遠い瞳」に星野が東京での活動期間中に制作発表した、「冬虫夏草」を加えた3曲入りの1st.シングル『アイヱ』をライブ会場で限定販売するため、Limited Editionとして6月に発売を開始しソロデビューした。
2014年1st.シングル『アイヱ』に新曲6曲を加えたアルバムアイヱが完成し、新曲のメインである『櫻』をテーマとして、沖縄を皮切りに北上する櫻全国ツアーを各地で行う。東京での音楽活動の拠点としていた三軒茶屋において、3名初共演である「2014 星野裕矢 9.15 ONE MAN LIVE With 矢萩渉&武沢侑昂 at GRAPEFRUIT MOON」を行う。
プロデューサーである矢萩渉、武沢侑昂とともに3名のユニット「EZO」を結成。
現在は新曲の制作活動を中心としていながら、全国各地で精力的にライブ活動を展開している。

矢萩 渉 Wataru Yahagi

yahagi_pf

Biography
1973年「安全地帯」を結成
1982年「安全地帯」デビュー。(シングル「 萌黄色のスナップ」)
1983年 シングル「 ワインレッドの心」 発売。レコード大賞をはじめ各賞受賞。 香港進出、映画出演等を果たす。
1985年 シングル「悲しみにさよなら」発売。TBSザ・ベスト10及び日本テレビザ・トップテンの年間第1位となり、同年NHK紅白歌合戦に出場し、FNS歌謡祭では史上初で唯一の2年連続最優秀歌唱賞を受賞。
1988年アニメ「F~エフ~サントラ」
1990年1st.シングル『冒険者』でソロデビュー。冒険者EPSONのCMテーマソングとなり、オリコン週間チャートで17位に登場した。また、1st.アルバム『冒険者』をリリースし、バンド活動とは異なる世界観を表現した。
1991年2st.アルバムソロ『喜びの歌』リリース 楽園の君にEPSONのCM採用テーマソング「 SATORU NAKAJIMA」~中嶋悟 引退記念アルバム(曲提供 静かなる朝)安全地帯Ⅶ~夢の都に収録された「この道は何処へ」が冬季ユニバーシアードテーマ曲に採用される。
1993年安全地帯23th.シングル『ひとりぼっちのエール』発売
1994年安全地帯のコンサートを数度開催しながら、各メンバーが個々活動を行なう。
1997年堀内一史 元ユニコーンのEBI改め堀内一史のソロ活動に参加
1997~98年堀内一史のソロツアーに参加
1999~07年玉置浩二のソロ音楽活動に参加
2007年シーナ&カーキーズ「カキのうた」編曲担当
※「カーキーズ」矢萩渉と、「冒険者」等の作詞者である村上明彦氏とラッキィ池田氏の3人で構成されるユニット。
2010年安全地帯として7年ぶりのアルバム「またね・・・。」を発売し、ソウル、シンガポールを含む全国コンサートツアーを行う。
サントリー「鉄骨飲料」テレビCMソング「鉄骨娘パオ~パオのテーマ~」編曲担当
TOKIO「NaNaNa 太陽なんていらねぇ」玉置浩二楽曲提供 武沢侑昂と共にプロデュース
2011年安全地帯”田園~結界”全国コンサートツアーを行う。
2012年安全地帯30th Anniversary Concert "The Ballad House"を岩見沢と東京で行う。
安全地帯スペシャルディナーショーFirst Finale~最初で最後の夜~を全国4箇所で行う。
2013年全国コンサートツアー安全地帯 30th Anniversary Concert Tour Encore "The Saltmoderate Show"を行う。
安全地帯ASIA TOURをソウル、香港、台湾で行う。
2014年玉置浩二ソロゴールドツアー参加
プロデュースを行っていた新人シンガーソングライター星野裕矢と矢萩渉、武沢侑昂のユニット「EZO」を結成。

武沢 侑昂 Yutaka Takezawa

takezawa_pf

Biography
1973年「安全地帯」を結成
1982年「安全地帯」デビュー。(シングル「 萌黄色のスナップ」)
1983年シングル「 ワインレッドの心」 発売。レコード大賞をはじめ各賞受賞。香港進出、映画出演等を果たす。
1985年シングル「悲しみにさよなら」発売。TBSザ・ベスト10及び日本テレビザ・トップテンの年間第1位となり、同年NHK紅白歌合戦に出場し、FNS歌謡祭では史上初で唯一の2年連続最優秀歌唱賞を受賞。
1988年「 蛎崎弘 + "r" project」を初プロデュース、ソロ活動開始。プロデュースチーム「Kプロジェクト」を結成。浜田省吾等のレコーディングに参加。
1991年前年に発売されたアルバム安全地帯Ⅶ~夢の都に収録された「この道は何処へ」が冬季ユニバーシアードテーマ曲に採用される。
1992年 本格的にサウンド・プロデューサーとして活動開始。
1999年PROTOOLSによるオーディオワークステーション装備。( 森川美穂、唐島みどり、センス Gt.、服部祐民子、宗次郎、Erie等)
2004年DANNA RECORDS創設(インデペンデント)、SHIZZUMA projectを始動。(アルバム「 Landscape」発売)
2005年音楽制作の基盤としてSTUDIO DANNA(プライベートスタジオ)を立上げる。
2010年安全地帯として7年ぶりのアルバム「またね・・・。」を発売し、ソウル、シンガポールを含む全国コンサートツアーを行う。
2011年安全地帯”田園~結界”全国コンサートツアーを行う。
2012年安全地帯30th Anniversary Concert "The Ballad House"を岩見沢と東京で行う。
安全地帯スペシャルディナーショーFirst Finale~最初で最後の夜~を全国4箇所で行う。
2013年全国コンサートツアー安全地帯 30th Anniversary Concert Tour Encore "The Saltmoderate Show"を行う。
安全地帯 ASIA TOURをソウル、香港、台湾で行う。
2014年玉置浩二ソロゴールドツアー参加
プロデュースを行っていた新人シンガーソングライター星野裕矢と矢萩渉、武沢侑昂のユニット「EZO」を結成。

提携Artists

ITARU

itaruBiography
札幌を拠点とし活動する4人組ロックバンドFANFIELDSのVocalを担当。
19歳の頃に音楽を始め、音楽理論、ボーカル、ピアノを学び始める。
FANFIELDSでは作詞・作曲を担当。
音楽を始めたきっかけはOasisのLIVEで1つになっている会場を見て感銘を受けた事による。
好きなミュージシャンはOasis,Coldplay,Billy Joelなど。

Tatsuya

Tatsuyajpg
Biography
札幌を拠点とし活動する4人組ロックバンドFANFIELDSのDrumsを担当。
幼少期から音楽に携わり、ピアノ、エレクトーン、ドラムと幅広い分野を習得。
ITARUと共にバンドでは作曲を担当している。
思った事が口から飛び出る癖の持ち主であり、さみしがり。
飲み会のテンションはお笑い芸人の遥か上をゆくポテンシャルの持ち主。

EZO 星野裕矢 矢萩渉 武沢侑昂 site